テレフォンセックスの鉄則

電話で見知らぬ相手と会話をするテレクラでのテレフォンセックスでは、かなりマナーの良し悪しで相手との関係が変わってきます。

鉄則として言えるのが「相手に優しくすること」です。電話に出た女性に対していきなり「テレフォンセックスしたいんでしょ?」「オナニーしてたんでしょ?」などの上から目線な態度で接することはしてはいけません。まずは優しく声を掛けるのが鉄則です。

鉄則を守れば最高のテレフォンセックスができるはず

テレフォンセックスというと、相手とじっくり時間をかけることも鉄則です。テレクラだとどうしてもすぐに電話を切られてしまう可能性もあるのですが、相手があなたのことをテレフォンセックスのパートナーとして認めれば、今後は会って直接セックスできる可能性もあるわけですから、時間をかけて優しく愛撫しながらテレフォンセックスを進めるのが鉄則といえるでしょう。

テレフォンセックスの鉄則まとめ

リアルセックスにもつながりやすいテレフォンセックスでは言葉だけのやり取りになるので、いつも以上に優しさや紳士的要素が求められます。

勿論、SMテレクラのようなアブノーマルでハードな世界なら高圧的な態度や上から目線がプレイを盛り上げてくれるパターンもありますが基本的には「もう一度プレイしたい」「実際に抱かれたらどうなるんだろう」と思わせることが出来るプレイを心掛けて下さい。